フレッツはキャッシュバックが無い!今お得なネット回線を選ぶ方法はこれだ!

投稿日:2017年6月1日 更新日:

 

 

「auひかりキャッシュバック格付け委員会」をご覧頂きありがとうございます!
当委員会ではみなさんが、宣伝広告に騙されず、一番お得な光回線を選ぶことができるよう、インターネット事情を厳しく調査・比較し、情報を公開しています!

 

この記事ではフレッツ光のキャッシュバックと、今から利用するのに最適な光回線についてご紹介していきます。

 

2015年以降はフレッツ光のキャッシュバックは無くなっているので、これから利用するなら「同等の通信品質で、かつコスト的に最もお得なインターネット回線」ということになります。
実際に、フレッツの利用者数は年々減少傾向にあり、新規契約者は当然ながら、フレッツを利用していた人も、他社回線に乗り換え(転用)をする流れになっています。

 

記事前半で「なぜフレッツのキャッシュバックが無くなったのか」、後半で「これから光回線を使うならどのような基準で選べばよいのか」を分かりやすく解説しています。

記事を読み終わるころには、あなたの条件・環境で最もお得に使える光回線がどこなのかがわかるようになります。

 

インターネット回線選びで重要なポイントだけを凝縮した記事となっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

①2015年以降 フレッツのキャッシュバックが無くなった理由

では、なぜ現在ではフレッツを契約してもキャッシュバックがもらえなくなったのか、その理由を簡単にご紹介しておきましょう。

 

2015年以前は家電量販店やネット上で、高額なキャッシュバックをつけて宣伝していたフレッツですが、現在では新たに契約してもキャッシュバックはありません。

 

唯一あるのは法人向け契約の場合のみなので、ほとんどの方はキャッシュバック無しでの契約となります。

 

なので最近では、キャッシュバックが高額な他社回線を利用するのがトレンドになっています。

 

 

1.1光コラボの登場

2015年以降フレッツのキャッシュバックが無くなったのは「光コラボ」の登場が大きくかかわっています。

 

光コラボというのはフレッツ回線をレンタルして、別の会社がインターネットサービスを提供する仕組みのことを言います。
それ以前はインターネット回線の設備(基地局や電線の中の光ファイバー)を所有しているフレッツしかインターネットサービスを提供できませんでした。

ですが、現在ではNTTと提携すれば、これらの設備を使用することが許されるので、今までインターネットサービスを提供できなかった会社が続々と参入しています。
これが光コラボです。

 

光コラボで有名なものは次のような回線があります。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光

などなど…

 

1.2 光コラボが生まれた背景

フレッツが光コラボという仕組みをスタートさせたのには2つの理由があります。

 

  • フレッツ利用者が増えすぎた
  • スマホと光回線のセット販売が流行

 

まず第一の原因としてフレッツの利用者が増えすぎたという問題があります。
フレッツの利用者数は2015年時点で2,000万人近くに上っており、NTTフレッツだけでは管理が難しくなっていました。
顧客管理を他社に委託するには膨大な資金が必要になるため、新たなサービスのスタートが必要となっていました。

 

さらにこのタイミングで、auスマホとauひかりのセット販売が流行し始めました。
auユーザーが、auひかりを使えばセット割の「スマートバリュー」でスマホ代が500~2,000円割引されるというかなりお得なサービスなので、現在でも高い人気を誇っています。

 

フレッツは同じNTT系列のドコモにセット販売を開始させるように、「光コラボ」をスタートさせました。
※本来はドコモにだけフレッツの設備を貸し出したかったのですが、「独占」になるということで総務省から指摘があり、他社にも同じように設備を貸し出すという条件で「光コラボ」の開始が認められました。

 

1.3光コラボを使ってもらったほうがフレッツも助かる

光コラボを利用してもらえば、フレッツは各社から設備のレンタル料をもらうだけで、一切管理をしなくてよくなります。

利益を下げずに、顧客管理を他社に委託できるので、フレッツとしても「光コラボを使ってほしい」というのがホンネなんですね。
フレッツの新規顧客はあまり増やしたくないので、キャッシュバックなどの特典は無くなりました。

 

その代わり、利用してほしい光コラボにはキャッシュバックや割引が多くつくという状態になっているんですね。

なので現在のフレッツは、利益が大きい法人契約だけキャッシュバックを継続し、個人向け契約では特典は無くなっています。

 

1.4設備は同じだから光コラボを使ったほうがお得

先ほど少し触れた通り、光コラボはフレッツの設備をそのままレンタルして使用しています。

 

なので、通信の品質などの使い勝手はフレッツ光を使っている場合と全く同じ。
低コストでキャッシュバックなどの特典がある上に、使っているものは全く同じですから、今からフレッツを使うのはメチャクチャもったいないんですね。

 

 

②現在キャッシュバックが多い光回線

ここまでご紹介してきたように、今から光回線を使う方は、フレッツを使ってもメリットもありません。

ここからはキャッシュバックが多く、かつ月々の料金も安い、ねらい目の光回線をご紹介していきます。

 

ご紹介するのは現在、利用者数上位の5社です。

 

結論から言うと、大手キャリアのスマホを使っている方は、同じ会社の光回線を使うのが最もお得です。
(先ほどご紹介したセット割の割引がかなり大きいから)

格安スマホなど、大手以外のスマホを使っている方は、キャッシュバックが最も多いauひかりがおすすめです。

 

これらの回線がどれくらいお得なのかをご説明するため、「基本料金」「キャッシュバック」「割引」の3点に着目してご紹介していきますね。

 

2.1各社の基本料金

まずは各社の基本料金を比較してみましょう。

 

実は最近の光回線はフレッツだけが割高で、それ以外はほとんど同じくらいの料金となっています。
※フレッツは「NTTフレッツ」と「プロバイダー」の2社の契約・支払いが必要で割高になる。他社は2つを一括管理、契約も支払いも1ヶ所なので低コストになる。

 

基本料金の比較(プロバイダ料金込み)
auひかり 戸建て:5,100円
マンション:3,800円
ソフトバンク光 戸建て:5,200円
マンション:3,800円
ドコモ光 戸建て:5,200円
マンション:4,000円
OCN光 戸建て:5,100円
マンション:3,800円
フレッツ光 戸建て:6,200円
マンション:5,100円

 

ご覧の通り、最近の光回線はフレッツ以外ならどこを使っても安いんですね。
なので、基本料金だけでどこが一番なのかは判断できません。

 

次にご紹介する「割引」「キャッシュバック」を見て判断するのが、お得な光回線を選ぶコツです。

 

2.2割引で比較してみよう

では次に、各社の割引についてご紹介していきましょう。

光回線選びで最も重要なのは、スマホとのセット割です。
スマホと同じ会社の光回線を使用した場合の割引額をまとめているので、確認してみてください。

 

セット割 割引額
auひかり データ通信量 4ギガ以下:934円

データ通信量 5~20ギガ:1,410円

データ通信量 21ギガ以上:2,000円

※家族全員が対象

ソフトバンク光 データ通信量 4ギガ以下:500円

データ通信量 5~20ギガ:1,522円

データ通信量 21ギガ以上:2,000円

※家族全員が対象

ドコモ光 個人向けプラン:500~1,100円

シェアプラン:800~3,200円

OCN光 500円

※格安スマホOCNモバイルONEが対象

フレッツ光 なし

 

 

あなたのお使いのスマホでは、いくら割引になるでしょうか。

特に大手携帯3社をお使いの方は、割引対象は家族全員が割引対象になっているので、かなり割引額が大きいです。

例えば1,500円割引の対象者が家族に3人いれば、それだけで月々4,500円安くなります。
フレッツ以外なら月々の料金は戸建てでも5,100円程度。

実質600円で光インターネットが利用できるということになります。

 

光回線の平均的な利用期間 2~3年 で考えると、割引額はキャッシュバック以上に大きくなります。
なので、光回線を選ぶときに最優先するのは、最も額が大きいセット割です。

 

あなたのお使いのスマホと同じ会社…正確には家族で利用者が最も多いスマホ会社の光回線を選ぶのが、一番安くインターネットを利用できる方法となります。

 

2.3キャッシュバックはどこが多い?

では、各社のキャッシュバックを比較してみましょう。

 

各社のキャッシュバック金額
auひかり ひかり電話同時契約:43,000円

ネットのみ契約:36,000円

ソフトバンク光 新規:24,000円+Wi-Fiルーター(販売価格10,000円)

乗換え:34,000円

ドコモ光 dポイント10,000円+現金5,000円+Wi-Fiルーター

※ルーターはbuffalo製の新型(販売価格15,000円)

OCN光 10,000円
フレッツ光 なし

 

各社のキャッシュバックはこのようになっています。

最もキャッシュバックが多いのはauひかり、次いでソフトバンク光、ドコモ光と続いています。

 

基本料金は各社ほぼ同じなので、キャッシュバックだけで見れば全員auひかりがお得ということになります。

ただ、先ほどご紹介したスマホのセット割のほうが割引額が大きいので、ソフトバンクユーザーはソフトバンク光、ドコモユーザーはドコモ光を選んだほうが、トータルコストは少なくなります。

 

格安スマホユーザーは、同じ会社の光回線を使えば月300~500円のセット割が利用できますが、これはあまりお勧めしません。
年間の割引額では6,000円程度で、2年使ったとしても12,000円の還元にしかなりません。

auひかりを利用すれば、キャッシュバックで36,000円(ひかり電話を同時契約すれば43,000円)のキャッシュバックがつくので、間違いなくこちらの方がお得です。

 

まとめ:最優先はスマホのセット割

これまでの話を整理してみると、次の3点にようになります。

  1. フレッツは現在キャッシュバックが無い
  2. 通信などの品質はどこも変わらない
  3. キャッシュバックが一番多いのはauひかり
  4. スマホのセット割を最優先に選ぶと一番お得

特に3のスマホのセット割を最優先に選ぶという点が最も重要です。

基本料金やキャッシュバックを見て光回線を選ぶ方も多いですが、スマホのセット割のほうが明らかに額が大きいので、そちらを最優先して選ぶのがコツです。

 

具体的には、

  • auユーザーはauひかり
  • ドコモユーザーはドコモ光
  • ソフトバンクユーザーはソフトバンク光

にそろえると最もトータルコストを安く抑えることができます。
通信面に関してもどこを選んでも最大速度は1Gbpsで同じなので、セット割で選ぶのが良いでしょう。

 

格安スマホを使っている方は、同じ会社の光回線でセット割を利用するよりも、auひかりでキャッシュバックを多く貰うほうがお得です。
月々数百円の割引では、auひかりでもらえるキャッシュバック36,000~43,000円を超えるのは、5~8年ほど使い続けなければなりません。

 

そのころにはまた新しく低料金でお得なインターネットサービスが登場しているので、現段階ではauひかりを選んでおくのが最良の選択となります。

 

各社のキャッシュバックの受け取り方、契約時の注意点を下の記事にまとめているので、あなたが利用したい光回線の記事を読んでみてくださいね!
契約窓口の選び方で、キャッシュバックが数万円変わってくるので、必ず契約前に頭に入れておくように気を付けてください。

 

auひかりの契約時の注意点はこちら!

auひかりのキャッシュバックを最大化する3つのポイント|2017最新版

 

ドコモ光の契約時の注意点はこちら!

ドコモ光の評判が悪いのは過去の話!満足度が急上昇している3つの理由!

 

ソフトバンク光の契約時の注意点はこちら!

【2017 最新】ソフトバンク光のキャッシュバック徹底調査の結果をご報告!

 

 

 

 

 

-情報

Copyright© auひかりキャッシュバック比較2017格付け委員会 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.