U-NEXT光の評判と最新キャッシュバック情報

投稿日:2017年9月29日 更新日:

U-NEXT光を運営している、株式会社U-NEXTは株式会社USENから独立した会社で映画やドラマ、アニメなどの映像配信サービスに強いのが特徴です。

 

代表的なビデオ見放題プランは、月額1,990円でビデオ50,000本以上・雑誌70冊以上が楽しめます。

 

音楽や映像・電子書籍を楽しみたいという方向けのサービスですが、光回線をこのU-NEXT光にするメリットはあまりないでしょう。

 

U-NEXT光と主要ネット光回線を比較する事で、最適なネット回線の選び方が分かる記事になっています。

 

① U-NEXT光のサービス概要

U-NEXT光は、株式会社U-NEXTが運営する光コラボレーションモデルのネット回線です。

 

光コラボレーションとは、フレッツ光回線を使用しプロバイダー料込のお得な料金でサービスを提供しているネット回線の総称で、ドコモ光、ソフトバンク光、ソネット光などが有名です。

 

U-NEXT光では、プロバイダーが自由に選択ができます。

株式会社U-NEXTが提供しているプロバイダーの「U-Pa!(ウーパ)」であれば、U-NEXT光と同時に申し込むことができます。

 

U-NEXT光を契約すると、株式会社U-NEXTが提供する「格安スマホU-mobile」とのセット割が適用されます。

 

さらに、このU-mobileやU-NEXT光を契約していると、映像サービスのU-NEXTで使えるポイントが毎月400~600ポイントつきます(1ポイント1円)。

このポイントを利用すると映像サービスがお得に楽しめます。

 

『U-NEXT×U-NEXT光×U-mobile』という独自のコラボレーションサービスを展開しているのが、U-NEXT光の特徴です。

 

② U-NEXT光と他社回線の費用を徹底比較

U-NEXT光と他社回線の各種料金を比較していきます。

 

2.1基本料金の比較

フレッツ光、auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光、U-NEXT光の基本料金を比較します。

 

フレッツ光はプロバイダーで料金が変わるので、今回は「フレッツ光+プロバイダーA社(戸建て1,000円、マンション850円)」の合計金額で比較します。

 

U-NEXT光のプロバイダーは、U-Pa!(戸建て1,080円、マンション1,030円)にします。

 

マンションタイプは配線の種類やマンション内の契約戸数で変わるので、光配線方式で中規模なマンションで比較します。

 

U-NEXT光と大手ネット回線の基本料金の比較
U-NEXT光+プロバイダーU-Pa! 戸建   :5,280円

マンション:4,210円

フレッツ光+プロバイダーA社 戸建   :5,700円(東日本)4,810円(西日本)

マンション:4,500円(東日本)3,780円(西日本)

ドコモ光 戸建   :5,200円

マンション:4,000円

ソフトバンク光 戸建   :5,200円

マンション:3,800円

auひかり 戸建   :5,200円

マンション:4,050円

※フレッツ東日本にねん割適用、フレッツ西日本Web光もっともっと割適用

 

東日本エリアのフレッツ光は高いので、東日本のフレッツ光を利用している人は、他のどれを選んでも安くなります。

 

その他の回線はだいたい横並びなので、キャッシュバックやセット割りなどを考慮して比較する必要があります。

 

U-NEXT光は、にねん割で上記の金額になので、更新月以外で解約した場合は解約事務手数料が10,000円発生します。

 

サービス開始月を1カ月目とし、24ヶ月で契約満了となり、25カ月目・26カ月目の更新月に限り無料で解約できます、解約の申請がなければ再度2年の自動更新になります。

 

2.2初期費用の比較

大手光回線の新規契約時の初期費用を比較します。

 

auひかりの工事費は飛びぬけて高いですが、月々分割払と同額の割引が受けられるので実質無料になります。

 

ソフトバンク光も、工事費と同額の普通為替か、毎月工事費分割相当額(1,000円)の割引きで実質無料です。

 

それらに比べ、U-NEXT光の工事費は割引きサービスが無く、全て自己負担になります。

 

U-NEXT光と大手光回線各社との初期費用の違い
U-NEXT光 工事費  :24,000円(ホーム・マンション同額)

事務手数料:3,000円

フレッツ光 工事費  :18,000円(ホーム)15,000円(マンション)

事務手数料: 800円

ドコモ光 工事費  :18,000円(ホーム)15,000円(マンション)

事務手数料:3,000円

ソフトバンク光 工事費  :24,000円(ホーム・マンション同額)

事務手数料:3,000円

※工事費実質無料

auひかり 工事費  :37,500円(ホーム)3,0000円(マンション)

事務手数料:3,000円

※工事費実質無料

現在フレッツ光を利用の人が、光コラボ回線へ乗り換える場合は「転用」と呼ばれます。

 

上記、比較対象の中にある光コラボ回線は「ドコモ光」「ソフトバンク光」「U-NEXT光」です。

 

転用の場合は工事費が無料※ですが、事務手数料はどの回線でも3,000円かかります。

※回線速度などの変更を伴わない場合

 

2.3スマホとのセット割の料金を比較します

ネット回線とスマホを同一会社、または、同一グループ会社で契約すると通信費が割引かれ大変お得です。

 

スマホとのセット割は、通常スマホのパケットプランによって割引き額が決まり、パケット通信量の大きいプランほど割引額が大きくなります。

 

パケット通信量「2GBと5GB」で割引額を比較しました。

※U-NEXT光×U-mobileは3GBのプランになります。

U-NEXT光と大手携帯キャリアのスマホセット割料金表
U-NEXT光×U-mobile パケット通信量3GB:100円割引

パケット通信量5GB:200円割引

ドコモ

(スマホ1回線のみ)

パケット通信量2GB:500円割引

パケット通信量5GB:800円割引

ソフトバンク

(スマホ10回線)

パケット通信量2GB:500円割引

パケット通信量5GB:1,000円割引

au

(スマホ10回線)

パケット通信量2GB:934円割引

パケット通信量5GB:1,410円割引

auひかりとソフトバンク光のセット割は、ひかり電話の契約が割引の適用条件になるので、ひかり電話の基本料金が500円かかることを計算に入れる必要があります。

 

もともとU-mobileは料金が安い格安スマホなので、割引率はそこまで大きくありません。

 

LTE使い放題プランの契約数が2~5回線と増えると割引率が多くなる、スーパーファミリーバリューは、5回線契約で最大4,100円割引になります(一人頭820円割引)。

 

2.4キャンペーン・キャッシュバックの比較

ネット回線は、公式と代理店に分かれて以下のようなキャッシュバックがあります。

  • キャッシュバック(公式・代理店)
  • 工事費実質無料(公式)
  • PC周辺機器贈呈(代理店)
  • オプション割引き(公式)

ネット代理店から申し込みをすると、代理店側と公式の特典が併用して貰えるので、大変お得です。

 

ネット回線の代理店は数が多く、特典もそれぞれの代理店で違うので、最もお得な代理店を紹介します。

 

U-NEXT光と大手光回線各社のキャッシュバック料金と申込み窓口
U-NEXT光 キャッシュバック:なし

U-NEXT光公式サイト

ドコモ光 新規:5,000円または3,500円(条件なし)

転用:3,5000円(条件なし)

GMOとくとくBBキャンペーンサイト

ソフトバンク光 新規:30,000円

転用:13,000円

エヌズカンパニーキャンペーンサイト

auひかり ひかり電話の申し込み有:50,000円

ひかり電話の申し込み無:43,000円

※マンションタイプはそれぞれ1万円減額

NNコミュニケーションズキャンペーンサイト

 

公式のキャンペーン特典と、キャッシュバック以外の代理店特典をまとめました。

U-NEXT光と各社のキャシュバック以外の特典一覧表
ドコモ光 Wi-Fiルーター無料レンタル

マカフィーのセキュリティ(通常月500円)1年無料

訪問設定サービス1回無料

ソフトバンク光 キャッシュバック25,000円+Wi-Fiルーター(新規)

工事費実質無料

他社回線違約金還元(10万円まで)

auひかり 工事費実質無料(戸建ては光電話契約で満額無料)

他社回線違約金還元(3万円まで)

U-NEXT光 毎月U-NEXTポイントが600ポイント貰える

(1ポイント1円)

トータルで考えると、キャッシュバック金額が大きく、工事費が実質無料になるauひかりが一番お得になります。

 

auスマホ・携帯とあわせてセット割も受けられるので、auユーザーはauひかりにしない手は在りません。

 

キャッシュバックを月々の利用料金に還元すると、いかにお得かがわかります。

例えば、auひかりで50,000円のキャッシュバックを貰い、2年間利用した場合でキャッシュバックを月の割引に換算すると、50,000円÷24ヶ月=月々約2,083円の割引と同じことです。

 

auひかりホームの月額5,200円から2,083円を引くと、月額料金は3,117円という計算になるので、単に基本料金の安さで選ぶよりも、キャッシュバック金額で選んだ方が、実際はコストを抑えることができるのです。

 

③ 通信品質の差について

U-NEXT光と各ネット回線の通信品質について説明します。

 

3.1各社の回線の速度

契約プランにより異なりますが、ほとんどの光回線の通信速度は、最大理論値で上下1Gbpsの場合がほとんどです。

 

マンションタイプでよく設置されている「VDSL方式・LAN配線方式」の場合は、最高速度が100Mbpsになります。

 

ただし、こうした最高速度はあくまで理論値なので、実際に最高値の1Gbps・100Mbpsが出ることはありません。

 

3.2プロバイダーの速度

最高速度以外に、通信速度に違いが出るのはプロバイダーと通信方式の違いからです。

  • v4/PPPoE方式:プロバイダーを経由してネットにつながるので混雑に影響を受ける
  • v6/IPoE方式:プロバイダーを経由せずにネットに繋がるので混雑の影響は受けない

v6/IPoE方式を採用している「auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光の一部(GMOとくとくBB)」は安定した速度が得られます。

 

v4/PPPoE方式で接続しているU-NEXT光は、ネットワークの混雑に左右されるので、ネットの利用者が増える夜の時間帯は速度が非常に遅くなります。

 

混雑による通信速度の影響は、利用している地域によって異なるので一概には言えませんが、IPoE方式を採用しているネット回線を選んだ方が安心でしょう。

 

④ 各社の提供エリアについて

U-NEXT光は、フレッツ光回線を使用した光コラボ回線なので、フレッツ光の提供エリアであれば利用できます。

フレッツ光は、ほぼ全国どこでも使えるのが、メリットです。

 

auひかりは、独自の光ファイバーを利用したネット回線ですので、光コラボ回線ではありません、サービス提供エリアはフレッツ光より狭いのが最大のデメリットです。

 

マンションにはauひかりよりも、フレッツ光の設備を導入していることが多く、さらに限定されますので、契約前にそれぞれのウェブサイトで利用状況を確認しましょう。

 

auひかり提供エリア確認

フレッツ光提供エリア確認(東日本)

フレッツ光提供エリア確認(西日本)

 

⑤あなたにぴったりの回線を紹介します

U-NEXT光は基本料金が特に安くもなく、入会時キャッシュバックも貰えませんので、最安のネット回線ではありません。

 

スマホとのセット割が受けられる「auひかり」「ソフトバンク光」「ドコモ光」は、U-NEXT光よりも基本料金が安く、キャッシュバックも高額です。

 

総合的に判断すると、お使いのスマホと同じ会社の光回線を、キャッシュバックがもらえる代理店から契約するのが一番お得な方法です。

 

【関連記事】

各社の特徴や料金について詳しくご紹介しているので、検討中の方はぜひ参考にしてみてください!

 

auひかりのキャッシュバックについてはこちらの記事にまとめています。

auひかりのキャッシュバックを最大化する3つのポイント|2018最新版

 

ドコモ光のキャッシュバックについてはこちらの記事にまとめています。

2018|ドコモ光のキャンペーンは現金キャッシュバックとポイントの両取りを狙うべし!

 

ソフトバンク光のキャッシュバックについてはこちらの記事にまとめています。

2018最新|ソフトバンク光のキャッシュバック【全代理店 調査】の結果をご報告!

-情報
-

Copyright© auひかりキャッシュバック比較2018格付け委員会 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.